業績一覧

研究業績一覧 (大門正幸)
番号 著書・学術論文などの名称 単著・
共著の別
発行/発表年月 発表雑誌・出版社・
発表学会等の名称
著書・編著書
1. 『言語の深層を探ねて:中野弘三博士還暦記念論文集』 共編著 平成8年10月 英潮社
2. Synchronic snd Diachronic Studies on Language: A Festschrift for Dr. Hirozo Nakano 共編著 平成12年1月 名古屋大学英語学研究室
3. Old English Constructions with Multiple Predicates 単著 平成13年1月 Hituzi Shobo
4. Story of Gregory the Great in Old English 単著 平成15年4月 Sankeisya
5. Clause Structure in Old English 単著 平成17年9月 Manahouse
6. 『英語コーパスの初歩』 共著 平成18年3月 英潮社新社
7. The Lindisfarne Gloss Database 単著 平成19年3月 Sankeisya
8. 『行間注解の分析を通した古英語基底語順の解明』 単著 平成19年3月 平成15年度〜平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))課題番号15320060, 研究成果報告書
9. Historical Englishes in Varieties of Texts and Contexts 共編著 平成20年10月 Peter Lang
10. 『主語とは何か -英語と日本語を比べて-』 単著 平成20年12月 風媒社
11. English Historical Linguistics 2008, Volume 1: The history of English verbal and nominal constructions 共著 平成22年5月 John Benjamins Publishing Company
12. Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to the Memory of Professor Masachiyo Amano 共編著 平成22年6月 英潮社フェニックス
13. Language Change and Variation from Old English to Late Modern English: A Festschrift for Minoji Akimoto 共著 平成22年8月 Peter Lang
14. 『スピリチュアリティの研究〜異言の分析を通して』 単著 平成23年9月 風媒社
学術論文
1. 「非人称構文の消失について (like を中心に)」 単著 昭和62年3月 『名古屋大学人文学科研究』 16,43-57 (名古屋大学研究生自治会)
2. 「非人称構文の消失について」 単著 昭和62年5月 『近代英語研究』4,45-67(近代英語協会)
3. “Prepositional Analysis of Morphological Case in English” 単著 昭和62年12月 Linguistics and Philology 7,101-122 (晃学出版)
4. “Barriers. By Noam Chomsky, Cambridge, Mass., The MIT Press, 1986. pp.v, 102. ¥2,370”(書評) 共著 昭和62年12月 Linguistics and Philology 7,123-146 (晃学出版)
5. “On the Methodology of Diachronic Syntax” 単著 昭和63年12月 Linguistics and Philology 8,57-72 (晃学出版)
6. “INFL and Negaing Particles” 単著 平成1年1月 Lingua 77.1,1-12 (Elsvier Science Publishers)
7. 「英語史における格語尾消失と語順の関係」 単著 平成1年4月 『中部英文学』9,85-196
8. “On the Underlying Structure of Old English” 単著 平成1年12月 Linguistics and Philology 9,71-93 (晃学出版)
9. “Syntactic Case and Morphological Case in the History of English.By Ansvan Kemenade, Dordrecht. Foris Publicasions, 1987. pp.xi,249”(書評) 単著 平成1年12月 Linguistics and Philology 9,169-191 (晃学出版)
10. 「主要部・補部媒介変数と前置詞残置の発達について」 単著 平成2年2月 『英文学会誌』35,203-220(大阪教育大学)
11. “Transitive Adjectives and the Theory of Case” 単著 平成2年7月 Lingua 81 2/3,241-264 (Elsvier Science Publishers)
12. 「like再考」 単著 平成2年8月 『英語青年』136.5, 266-267 (研究社)
13. “On the Status of Adjectival Nouns in Japanese” 単著 平成3年1月 Lingua 83.1,67-82 (Elsvier Science Publishers)
14. “English as a Pro-Drop Language” 単著 平成3年2月 『英文学会誌』36,115-133
15. 「英語史における属格の発達について」 単著 平成3年11月 『言葉の構造と歴史‥荒木一雄博士古希記念論文集』, 有馬道子他編, 252-263 (英潮社)
16. “A Note on Suru in Japanese” 単著 平成3年12月 Linguistic Analysis 21.3/4, 148-169 (Linguistic Analysis)
17. “On the So-Called Object Honorification in Japanese” 単著 平成5年1月 『英文学会誌』38,85-105 (大阪教育大学)
18. “Form and Meaning in the History of English” 単著 平成5年5月 『近代英語の諸相』294-314 (英潮社)
19. 「『総記』の解釈について」 単著 平成5年5月 『日本語教育』80,91-102 (日本語教育学会)
20. “Unaccusativity and Resultative Constructions” 単著 平成5年9月 The Memoirs of Osaka Kyoiku University 42.1,13-20 (大阪教育大学)
21. “On the `te-iru' Constructions” 単著 平成5年9月 Linguistics and Philology 13,43-68 (晃学出版)
22. 「チョムスキー理論における方法論について」 単著 平成6年2月 『大阪教育大学紀要』 42.2,99-109 (大阪教育大学)
23. 「英語史における項構造の具現化について」 単著 平成6年2月 『英文学会誌』9,99-112 (大阪教育大学)
24. “David Denison, English Historical Syntax, Longman 1993 xiv+530pp.” 単著 平成6年6月 『近代英語研究』 10,75-79 (近代英語協会)
25. “On the Underlying Structure of Old English with Special Reference to Verd (Projection) Raising” 単著 平成6年10月 Explorations in Generative Grammar:A Festschrift for Dong-Whee Yang, ed. by Young-Sun Kim et al., 525-434 (Hankuk Publishing)
26. 「『助動詞・動詞』結合と動詞 (句) 上昇」 単著 平成7年10月 IVY 28,69-89 (名古屋大学英文学会)
27. “The History of Verb Movement” (Review Article) 単著 平成7年11月 English Linguistics 12,299-318 (開拓社)
28. “AP Constructions in Apollonius of Tyre” 単著 平成7年12月 Linguistics and Philology 15,41-61 (晃学出版)
29. 「古英語における従属節について- that節を中心に-」 単著 平成8年9月 Papers from the Thirteenth National Conference of the English Linguistics Society of Japan 101-110, (日本英語学会)
30. 「古英語における主要部先行型語順の派生について」 単著 平成8年10月 『言語の深層を探ねて:中野弘三博士還暦記念論文集』, 天野政千代他編, 425-436 (英潮社)
31. “NEG1 Constructions in Old English” 単著 平成8年11月 English Linguistics 13, 277-298 (開拓社)
32. “MV/VM Order in Old English Subordimate Clauses” 単著 平成9年12月 Linguistics and Philology 17,41-57 (名古屋大学)
33. “On Subject Extraposition Constructions in the History of English” 単著 平成10年5月 Studies in Modern English 14, 53-78, 1998年5月31日(近代英語協会)
34. “On Nominative Case Assignment in Old English” 単著 平成10年9月 Advances in English Historical Linguistics, ed. by Jacek Fisiak, 345-359 (Mouton de Gruyter)
35. “Embesses Main Clauses in Old English” 単著 平成11年1月 Journal of the College of Humanities 1,31-55 (中部大学人文学部)
36. “Ansvan Kemenade and Nigel Vincent (eds.) Parameters of Morphosyntactic Change, Cambridge University Press 1997 x+544pp.(書評) 単著 平成11年5月 『近代英語研究』15,136-140 (近代英語協会)
37. “On MV/VM Order in Old English” 単著 平成11年 Folia Linguistics Historica 20.1/2,79-96 (Mouton de Gruyter)
38. “Verb First Constructions in Old English, with Special Regerence to Bede's Ecclesiastical History of the English People” 単著 平成12年1月 Synchronic snd Diachronic Studies on Language: A Festscrift for Dr. Hirozo Nakano, ed. by Masachiyo Amano et al., 263-278 (名古屋大学)
39. 「英語歴史言語学とデータベース」 単著 平成12年1月 『人文学部研究論集』 3,1-12 (中部大学)
40. “Subordinate Clauses in Old English with Special Reference to That Clause” 単著 平成12年6月 Syntactic and Functional Explorations in Honor of Susumu Kuno, ed. by Ken-ichi Takami et al., 415-443 (Kurosio)
41. 「古英語における SOV主節について」 単著 平成12年7月 『人文学部研究論集』 4.1-32 (中部大学)
42. “On the Position of Subject Pronouns in Old English” 単著 平成13年1月 Journal of the College of Humanities 5,37-61 (中部大学)
43. “The Position of Subject Pronouns and Finite Verbs in Old English” 単著 平成13年 Folia Linguistica Historica 22,255-276 (Mouton de Gruyter)
44. “Database and Historieal Studies” 単著 平成13年6月 The History of English 11,125-147 (The Korean Society for the History of English)
45. 「日本人名のローマ字表記について-歴史的考察-」 単著 平成14年1月 『人文学部研究論集』 7,43-53 (中部大学)
46. “On Object Fonting in Old English” 単著 平成14年 Studies in English Historical Linguistics and Philology:A Festschrift for Akio Oizumi, ed. by Jacek Fisiak, 239-253 (Peter Lang)
47. 「情報機器を用いた授業実践の記録」 単著 平成14年12月 『中部大学教育研究』2, 177-182(中部大学)
48. “On the Effectiveness of Annotated Corpora: Review of the Brooklyn Corpus” 共著 平成15年 Chubu University Journal of the College of International Studies 30, 131-150. (中部大学)
49. “Principles Governing Different Types of Texts: A Case of Verse and Prose in Old English” 単著 平成15年 Creation and Practical Use of Language Texts (21st Century COE Program, Studies for the Integrated Text Science: Proceedings of the Second International Conference, the 6, 7 and 8 June 2003, Nagoya), ed. by Masachiyo Amano, 55-66, Graduate School of Letters, Nagoya University. (名古屋大学)
50. 「コーパスを英語の通時的研究指導に生かす」 単著 平成15年 『英語コーパス研究』10, 289-300 (英語コーパス学会)
51. 「何故日本人は英語が下手なのか/何故○○人は英語が上手なのか」 単著 平成15年1月 『中部大学人文学部研究論集』9, 1-37
52. “On the Structure and Function of V1 Constructions in Old English” 単著 平成16年 English Studies 85, 2-16 (Routledge)
53. 「英語学習者の言語習得に関するデータとその言語理論的位置付け」 共著 平成16年 『人文学部研究論集』12, 79-106 (中部大学)
54. * “On Verb Movement in Old English Subordinate Clauses” 単著 平成16年 English Corpora under Japanese Eyes, ed. by Junsaku Nakamura et al., 151-168 (Rodopi.)
55. 「英語力向上と向上の妨げとなる要因は何か -- 学習者側からの考察 --」 共著 平成 17年 『中部大学教育研究』第4号, 19-71(中部大学)
56. 「行間注解が明らかにする、古英語の基本構造」 単著 平成 17年 Papers from the Twenty-Second Conference of The English Linguistic Society of Japan (JELS) 22, 161-170 (日本英語学会)
57. “On Grammaticalization of Negative Adverbs, with Special Reference to Jespersen's Cycle Recast” 単著 平成 17年 Aspects of English Negation, ed. by Yoko Iyeiri, 39-58 (John Benjamins)
58. 「『自信力が学生を変える:大学生意識調査からの提言』河地和子(2005) (平凡社新書)」(書評) 単著 平成17年 『中部大学教育研究』第5号, 171-172
59. “On Word Order in Constructions with Two Predicates in Old English Interlinear Glosses” 単著 平成18年 Textual and Contextual Studies in Medieval English: Towards the Reunion of Linguistics and Philology, ed. by Michiko Ogura, 127-145 (Peter Lang)
60. “Stylistic Fronting in Middle English” 単著 平成18年 Journal of the College of Humanities 17, 13-33 (中部大学)
61. 「生き方学のすすめ」 単著 平成19年3月 『中部大学教育研究』6, 19-33(中部大学)
62. 「『全員先生』方式による授業活性化の試み」 単著 平成19年3月 『第13回大学教育研究フォーラム』, 78-79(京都大学高等教育研究開発推進センター)
63. “Ans van Kemenade and Bettelou Los (eds.), The Handbook of the History of English”(書評) 単著 平成19年 Studies in English Literature(『英文学研究』)84, 290-297
64. "On Word Order in Old English Interlinear Glosses, with Special Reference to the Lindisfarne and Rushworth Glosses" 単著 平成19年 Exploring the Universe of Language: A Festschrift for Dr. Hirozo Nakano on the Occasion of His Seventieth Birthday, ed. by Masachiyo Amano et al., 285-304 (Nagoya University)
65. 「私語対策からFDを考える」 単著 平成20年1月 『中部大学教育研究』7, 57-61
66. 「教育支援業務を扱う部署の統合充実の必要性について」 単著 平成20年1月 『中部大学教育研究』7, 79-82
67. 「『大学は歴史の思想で変わる:FD・評価・私学』 寺崎昌男(東信堂)」(書評) 単著 平成20年1月 『中部大学教育研究』7, 101-102
68. "Stylistic Fronting in Old English Prose," 単著 平成20年10月 Historical Englishes in Varieties of Texts and Contexts, ed. by Masachiyo Amano, Michiko Ogura and Masayuki Ohkado, 121-134 (Peter Lang)
69 "Language Structure as a Cultural Reflection" 単著 平成20年12月 Identity in Text Interpretation and Everyday Life, ed. by Masa-chiyo Amano, Michael O'Toole, Zane Goebel, Shinya Shigemi, and SONG Wei (eds.), pp. 121-131 ( Nagoya University)
70. 「TOEICに見る中部大学英語英米文化学科の英語教育への取り組み」 共著 平成20年12月 『中部大学教育研究』8, 55-58(中部大学)
71 「統語的変化を中心に見た中英語と近代英語の接続」 単著 平成21年1月 『中部大学人文学部研究論集』第21号, 25-41 (中部大学)
72. 「全員先生」方式 単著 平成21年2月 『学生と変える大学教育:FDを楽しむという発想』清水亮、橋本勝、松本美奈編著、pp. 152-165(ナカニシヤ出版)
73. On Word Order in Old English, with Special Reference to Stylistic Fronting 単著 平成21年3月 Ivy Never Sere: The Fiftieth Anniversary Publication of The Society of English Literature and Linguistics, Nagoya University, ed. by Mutsumu Takikawa, Masae Kawatsu, and Tomoyuki Tanaka, 407-426 (音羽書房つるみ書店)
74. 「生まれ変わり仮説」を支持する事例の研究〜退行催眠中の異言の分析を通して 共著 平成21年8月 Journal of Internaltional Soceity of Life Information Science, vo. 27(2), pp. 186-188 (International Society of Life Information Science)
75. A Study of a Case Supporting the "Reincarnation Hypothesis," with Special Reference to Xenoglossy 共著 平成21年8月 Journal of Internaltional Soceity of Life Information Science, vo. 27(2), 183-185 (International Society of Life Information Science)
76. Foreign Language Influences in the History of English 単著 平成21年9月 The 81st General Meeting of the English Literary Society of Japan, 30-31 May 2009, 230-231(日本英文学会)
77. Peter Collins, Modals and Quasi-modals in English (Language and Computers: Studies in Practical Linguistics 67). (Amsterdam: Rodopi, 2009. viii + 193 pp.)(書評) 単著 平成21年11月 Studies in Medieval English Language and Literature 26, 85-102 (日本中世英語英文学会)
78. On Stylistic Fronting in Middle English Prose 単著 平成22年3月 Language Change and Variation from Old English to Late Modern English: A Festschrift for Minoji Akimoto. ed. by Merja Kytö, John Scahill & Harumi Tanabe, 97-110 (Peter Lang.)
79. 退行催眠中に生じる異言とそれが示唆するもの 共著 平成22年3月 Journal of Internaltional Soceity of Life Information Science, vo. 28(1), pp. 134-139 (International Society of Life Information Science)
80. On Xenoglossy Occurring in Hypnosis and What It Suggests 共著 平成22年3月 Journal of Internaltional Soceity of Life Information Science, vo. 28(1), 128-133 (International Society of Life Information Science)
81. Edward F. Kelly, Emilly Williams Kelly, Adam Crabtree, Alan Gauld, Michael Grosso and Bruce Greyson: Irreducible Mind: Toward a Psychology for the 21st Century. Rowman & Littlefield Publishers, 2007 (書評) 単著 平成22年4月 『貿易風』vol. 5, pp. 197-206 (中部大学)
82. Stylistic Fronting in the History of English 単著 平成22年5月 English Historical Linguistics 2008, Volume 1: The History of English Verbal and Nominal Constructions, ed. by Ursula Lenker, Judith Huber, and Robert Mailhammer, 255-278 (John Benjamins Publishing Company)
83. A Japanese Case of Xenoglossy 単著 平成22年6月 Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to the Memory of Professor Masachiyo Amano, ed. by Hirozo Nakano, Masayuki Ohkado, Tomoyuki Tanaka, Tomohiro Yanagi, and Azusa Yokogoshi, 287-300 (Eichosha Phoenix)
84. Mark Atherton: Teach Yourself Old English, London: Hodder Education 2006, xvi+281 pp. (書評) 単著 平成22年5月 『近代英語研究』26, 87-91(近代英語協会)
85. "On Stylistic Fronting in Middle English Prose" 単著 平成22年8月 Language Change and Variation from Old English to Late Modern English: A Festschrift for Minoji Akimoto, ed. by Merja Kytö, John Scahill and Harumi Tanabe, 97-110, Peter Lang.
86. 大学英語教育に関する基本方針について—専門教育機関としての大学における英語教育の在り方を巡って— 共著 平成22年12月 『中部大学教育研究』10, 23-28
87. 「全学英語教育科目でNatureを読む」は可能か? 単著 平成22年12月 『中部大学教育研究』10, 99-103
88. 「前世記憶」を持つ子供について〜日本人児童の事例〜 単著 平成22年12月 『人体科学会 第20回大会「いのちとかたち」』予稿集, 66-67(人体科学会)
89. "Verification of 'Past-Life' Recalls under Hypnosis" 共著 平成23年3月 Journal of International Society of Life Information Science 29.1, 87-89(国際生命情報科学会)
90. 退行催眠時の「過去生」記憶の検証 共著 平成23年3月 Journal of International Society of Life Information Science 29.1, 90-93(国際生命情報科学会)
91. 「生まれ変わり」事例としての『勝五郎再生記聞』 単著 平成23年4月 『貿易風』vol. 6, pp. 233-239 (中部大学)
92. 「過去生の記憶」を持つ子供について〜日本人児童の事例〜」 単著 平成23年5月 『人体科学』20.1, pp. 33-42(人体科学会)
93. 全学英語教育に関する中間報告 共著 平成23年12月 『中部大学教育研究』11, pp. 87-94.(中部大学)
94. Spirituality and the Level of Happiness 平成24年3月 Journal of International Society of Life Information Science 30.1, 84-87(国際生命情報科学会)
95. 「見えない箱」を用いた動詞と助動詞の説明について 単著 平成24年3月 『最新言語理論を英語教育に活用する』藤田耕司・松本マスミ・児玉一宏・谷口一美編, pp. 254-264.(開拓社)
96. 「過去生」の記憶を持つ成人〜ジェニー・コッケル氏の事例 単著 平成24年4月 『貿易風』7, pp. 75-81(中部大学)
97. 「過去生記憶」を持つ子供 --インド人としての記憶を持つ日本人女児の事例-- 単著 平成24年6月 『人体科学』21, pp. 17-25(人体科学会)
98. ミディアム研究の現状と展望 単著 平成25年5月 『アリーナ」15, pp. 265-272.
99. PILテストの結果が示す「生き方学」の効果 単著 平成25年 『貿易風』8, pp. 80-84 (中部大学)
100. On the Term "Peak in Darien" Experience 単著 平成25年夏 Journal of Near-Death Studies 31(4), 203-211 (International Association for Near-Death Studies)
101. A Case of a Japanese Child with Past-Life Memories 単著 平成25年秋 Journal of Scientific Exploration 27(4), 625-636 (Society for Scientific Exploration)
102. A Case of Xenoglossy Occurring Under Hypnosis 共著 平成26年1月 Paranthropology 5, 91-97
103. A Case of Xenoglossy Under Hypnosis 共著 平成26年2月 Edge Science 17, 7-12 (Society for Scientific Exploration)
104. 大学教育のあり方について〜一般学術目的の英語に焦点を当てた教材の作成を通して 単著 平成26年3月 『ことばの世界』6, 121-135
105. 時空を超えた心身相関 単著 平成26年3月 Mind-Body Science 24, 14-17.
106. 脳還元論から脳濾過装値理論へ 単著 平成26年5月 『人体科学』23, 10-17
107. A Comparative Analysis of Japanese and Western NDEs 共著 平成26年夏 Journal of Near-Death Studies 32(4), 187-198 (International Association for Near-Death Studies)
108. Children with Life-Between-Life Memories 共著 平成26年9月 Journal of Scientific Exploration 28(3), 477-490 (Society for Scientific Exploration)
109. Facial Features of Burmese with Past-Life Memories as Japanese Soldiers 単著 平成26年12月 Journal of Scientific Exploration 28(4), 597-603 (Society for Scientific Exploration)
辞書
1. 『現代英文法辞典』(項目執筆) 平成4年7月 三省堂
2. 『英語学用語辞典』(項目執筆) 平成11年1月 三省堂
3. 『現代英語正誤辞典』(項目執筆) 平成8年12月 研究社
4. 『ワードパル和英辞典』(項目執筆) 平成13年1月 小学館
5. 『アンカーコズミカ英和辞典』(語源欄担当) 平成19年12月 学習研究社
その他
1. 「OEDにおけるalleluiaの初出年代」 単著 昭和62年3月 『英語青年』132巻 第12号, 624
2. 「発言促進手段としての電子メール」 単著 平成11年10月 『私情協ジャーナル』8巻第2号, 36
3. 「自著を語る:Old English Constructions with Multiple Predicates (2001, Hituzi Syobo)」 単著 平成19年4月 『アリーナ』第4号, 501-504
4. 「ネパールで輪廻転生について考える」 単著 平成23年4月 『アリーナ」第11号, 416-420
5. Thought on the "Survival/Super-psi" Argument 単著 平成23年 Journal of Scientific Exploration 25.1, 117-118.
6. 「ビルマの日本兵」 単著 平成25年12月 『アリーナ』第16号, 444-449
学会発表
1. 「英語史における格語尾消失と語順の関係」 昭和61年10月 日本英文学会中部地方支部第39回大会, 於富山大学
2. 「非人称構文の消失について」 昭和62年5月 近代英語協会第4回大会, 於日本教育会館
3. 「主要部・補部媒介変数と前置詞残置の発達について」 昭和63年5月 日本英文学会第60回大会, 於名古屋大学
4. 「Pro 落とし言語としての英語」 平成1年11月 日本英文学会第7回大会, 於神戸大学
5. 「内在的格について」 平成3年5月 日本英文学会第63回大会, シンポジウム 『格理論の現状と展望』, 於明治大学
6. 「日本語の受動文標識について」 平成5年10月 日本英文学会中部支部第45回大会, シンポジウム 『日本語の受動表現をめぐって』, 於岐阜大学
7. 「英語における項構造の具現化について」 平成5年11月 日本英語学会第11回大会, 於京都大学
8. 「古英語における動詞 (句) 上昇について」 平成6年5月 近代英語協会第11回大会, 於熊本大学
9. “Verb (Projection) Raising in Old English” 平成7年8月 国際歴史言語学会第12回大会, 於マンチェスター大学
10. 「古英語における従属節について –-that節を中心に--」 平成7年11月 日本英語学会第13回大会, 東京学芸大学
11. 「古英語受動構文における主格付与について」 平成8年5月 日本英文学会第68回大会, 立正大学
12. “On Nominative Case Assignment in Old English” 平成8年8月 国際英語歴史言語学会第9回大会, 於アダム・ミキェビッツ大学
13. 「古英語における埋め込み主節について」 平成8年11月 日本英語学会第14回大会, シンポジウム 『古英語の 「常識」』, 於関西学院大学
14. “On the MV/VM Order in Old English” 平成10年8月 国際英語歴史言語学会第10回大会, 於マンチェスター大学
15. 「語順に関する古英語とドイツ語の類似点・相違点について」 平成10年10月 日本独文学会, シンポジウム 『言語類型論とゲルマン語学』, 於関西学院大学
16. 「提案-電子データベースの添付」 平成11年11月 日本英語学会第17回大会, シンポジウム 『新しい英語史研究をもとめて』, 於成蹊大学
17. “Word Order Phenomena in Old English Constructions with Two Predicates” 平成12年9月 国際英語歴史言語学会第11回大会, 於サンティアゴ・デ・コンポステラ大学
18. “On the Function of Object-Fronting in Old English” 平成13年11月 日本英語学会第19回大会, ワークショップ 『英語の前置現象・通時的・共時的に考える』, 於東京大学
19. “Coordinate Clauses in Ælfric's Catholic Homilies” 平成14年8月 国際英語歴史拳固学会第12回大会, 於グラスゴー大学
20. “Principles Governing Different Types of Texts: A Case of Verse and Prose in Old English” 平成 15年6月 21st Century COE Program, Studies for the Integrated Text, 於名古屋大学
21. 「行間注解が明らかにする、古英語の基本構造」 平成 16年11月 日本英語学会第22回大会, 於獨協大学
22. “On Word Order in Constructions with Two Predicates in Old English Interlinear Glosses” 平成 17年9月 英語歴史言語学会(SHELL 2005)第1回大会, 於千葉大学
23. “Old English Syntax according to Interlinear Glosses” 平成18年8月 国際英語歴史言語学会14回大会, ベルガモ大学
24. 「今、学生は、大学は」 平成19年3月 大学教育改革フォーラム in 東海 2007, 於名古屋大学
25. 「『全員先生』方式による授業活性化の試み」 平成19年3月 第13回大学教育研究フォーラム, 於京都大学
26. “Stylistic Fronting in Old English Prose” 平成19年7月 英語歴史言語学会 (SHELL 2007)第2回大会, 於名古屋大学
27. 「コーパスを利用した英語史研究の現状と課題」 平成19年11月 日本英語学会第25回大会, 於名古屋大学
28. 「データ公開の重要性」 平成19年11月 日本英語学会第25回大会, 於名古屋大学
29. “Language Structure as a Reflection of Cultural Schema” 平成20年2月 Global COE Prgoram, Hermeneutic Study and Education of Textual Configuration International Conference, 於名古屋大学
30. 「統語的変化を中心に見た中英語と近代英語の接続」 平成20年5月 近代英語協会第25回大会, 於広島女学院大学(5月23日
31. "Stylistic Fronting in the History of English" 平成20年8月 国際英語歴史言語学会15回大会,ミュンヘン大学
32. 「生まれ変わり仮説」を支持する事例の研究〜退行催眠中の異言の分析を通して 平成21年8月 第28回生命情報科学シンポジウム, 於箱根湯本ホテル (8月28日)
33. 「退行催眠時に生じる異言とそれが示唆するもの」 平成21年3月 第29回生命情報科学シンポジウム, 於横浜国立大学 (3月20日)
34. 死後探索の実証可能性について 平成22年3月 第29回生命情報科学シンポジウム, 於横浜国立大学 (3月20日)
35. 命輝く医療への二つの希望 平成22年8月 第30回生命情報科学シンポジウム、於富士Calm (8月28日)
36. 「前世記憶」を持つ子供について〜日本人児童の事例〜 平成22年12月 人体科学会第20回大会, 於倫理文化センター
37. 「過去生記憶を持つ子供~インド人としての「記憶を持つ日本人女児の事例 平成23年12月 人体科学会第20回大会, 於南山大学
38. スピリチュアリティと幸福度 平成24年3月 国際生命情報科学会第33回シンポジウム、於横浜国立大学
39. Children with Life-Between-Life Memories 平成25年6月 Society for Scientific Exploration第32回大会、於デトロイト
40. 過去生記憶から見た中間生記憶 平成26年11月 人体科学会第24回大会、於京都大学
41. 超サイ vs. 死後存続 平成27年3月 国際生命情報科学会第39回シンポジウム、於東邦大学
42. 未来の人間観 平成27年3月 国際生命情報科学会第39回シンポジウム、於東邦大学
主催シンポジウム
1. 『新しい英語史研究をもとめて』(cf. 研究発表16) 平成11年11月 日本英語学会第17回大会、於成蹊大学
2. 『コーパスを利用した英語史研究の現状と課題』(cf. 研究発表27) 平成19年11月 日本英語学会第25回大会, 於名古屋大学
3. "Foreign Language Influences in the History of English" 平成21年5月 日本英文学会第81回大会、於東京大学
4. 死後存続と生まれ変わり、そして・・・ 平成22年3月 第29回国際生命情報科学シンポジウム, 於横浜国立大学 (3月20日)
5. 生死・思想・健康〜スピリチュアリティへの視点〜 平成24年3月 第33回国際生命情報科学会シンポジウム、於横浜国立大学(3月17日)
6. 魂か超能力か? 平成27年3月 国際生命情報科学会第39回シンポジウム、於東邦大学
7. 魂の医療・魂の教育 平成27年3月 国際生命情報科学会第39回シンポジウム、於東邦大学
学会・研究会の企画・運営
1. 英語史研究会(オンライン研究会)(主催者) 平成11年〜平成15年 年2回開催(4月と10月)
2. 英語歴史言語学会 (Society for Historical English Language and Linguistics) 2005(organizer) 平成17年9月 於千葉大学
3. 英語歴史言語学会 (Society for Historical English Language and Linguistics) 2007(organizer) 平成19年9月 於名古屋大学
招待講演
1. “Database and Historical Studies” 平成12年10月 韓国英語史学会2000年大会, 於国民大学
2. 子供がいてよかったね 平成17年2月 こひつじ園(ルーテル教会幼稚園)
3. 生まれてきてくれてありがとう〜子育てで学んだこと〜 平成19年6月 こひつじ園(ルーテル教会幼稚園)
4. 「英語史の知識を授業に生かす」 平成20年8月 平成20年度静岡県西部高等学校英語教育研修会夏期研修会, 於静岡文化芸術大学
5. 「I you love からI love you へ -- 英語の語順と構造の変化について」 平成20年9月 金城学院大学英文学会第16回大会, 於金城学院大学
6. 臨死体験とは何か? 平成22年9月 IRI-College, 於京橋区民会館
7. スピリチュアルな現象に学ぶ「生き方」のヒント 平成22年11月 みよし男女共同参画ネット登録団体自主講座, 於黒笹公民館
8. 生まれてきてくれてありがとう〜子育てで学んだこと〜 平成23年5月 音聞山保育園
9. スピリチュアリティの研究〜21世紀の人間学を目指して〜最新の死後存続研究・生まれ変わり研究を中心に〜 平成24年2月 人間サイエンスの会、於衆議院第一議員会館(新館)
10. 「全員先生」方式による授業活性化の試み 平成24年2月 FD講演会、於岐阜市立女子短期大学
11. Science and Spirituality 平成26年1月 Aldersgate United Methodist Church主催講演会、シャーロッツビル
12. 前世記憶の検証と超心理学の最前線 平成26年8月 『かみさまとのやくそく』上映会、於名東区在宅サービスセンターおよび東生涯学習センター
13. 臨死体験・生まれ変わり・神秘体験・霊媒現象・他〜脳は心を生み出さない:唯物論から脳濾過装値理論へ 平成26年9月 人間サイエンスの会、於衆議院第一議員会館
14. データベースが語る「生まれ変わり」現象の全貌 平成26年9月 人体科学会公開講演会、於倫理研究所(人体科学会
15. 本映画の可能性 平成26年11月 『かみさまとのやくそく』上映会、星陵会館(未来医療研究会)
16. 心重視の医療への第一歩 平成27年1月 第三回未来医療研究会、於イオンコンパス名古屋駅(未来医療研究会・中部)
研究発表・講演など
1. 日本語の複合動詞について 平成2年7月 関西英語学研究会7月例会, 於甲南大学
2. 日本語の格標示について 平成2年9月 Kansai Association of Theoretical Linguisties (KATL) , 於大阪大学
3. 他動生徒格標示について 平成4年12月 Kansai Association of Theoretical Linguisties (KATL) , 大阪大学
4. 日本語の格標示について 平成5年3月 第9回関西認知言語学研究会, 於大阪大学
5. 古英語の従属節について 平成7年9月 Kansai Association of Theoretical Linguisties (KATL) , 於神戸大学
6. 古英語における主格付与について 平成8年2月 愛知・岐阜・三重英語学談話会, 於名古屋大学
7. On the MV/VM Order in Old English 平成10年10月 英語史研究会(インターネット)
8. 日本人と英文法 平成12年12月 TOEIC 説明会, (於安保ホール)
9. 日本人と英文法 平成14年2月 愛知・岐阜・三重英語学談話会, 於名古屋大学
10. 英語学習者の語順習得に関するデータとその言語理論的位置付け 平成15年2月 愛知・岐阜・三重英語学談話会, 於名古屋大学
11. (FDに関する)組織的な取り組み 平成16年9月 FD研修会, 於グリーンパレス春日井
12. 三分間で上達が実感出来る英語学習法 平成17年3月 愛知・岐阜・三重英語学談話会, 於名古屋大学
13. あてになる人間の育成とは − 教員へのアンケート結果から 平成17年3月 第10回FDフォーラム, 於中部大学
14. 中部大学の入学前教育 − 入学前教育に関する調査結果を基に 平成18年11月 第12回FDフォーラム, 於中部大学
15. グローバル化時代の英語とのつきあい方 平成21年3月17日 三好高等学校
16. あなたには「胎内記憶」ありますか? 平成23年7月17日 第23回愛知サマーセミナー、於名古屋経済大学市邨中学校・高等学校
17. Cases of Xenoglossy and Children with Life-Between-Life Memories in Japan 平成25年5月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
18. The Recognition of Facial Features by Japanese and Burmese in the Cases of Burmese Children with Past-Life Memories as Japanese Soldiers 平成25年7月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
19. Survey of Children's Early Memories 共著 平成25年7月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
20. What Can the CORT Database Tell Us about the Reincarnation Phenomena? 平成25年11月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
21. Culture, Brain, and Spirutality 平成25年12月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
22. A Survey of Children's Early Memories and a Comparative Study of Near-Death Experiene and Death Experience Under Hypnosis 平成26年3月 バージニア大学知覚研究所研究会、シャーロッツビル
助成金
1. 古英語 「助動詞-動詞」 構文における語順の決定要因について 単著 平成11年度~12年度 科学研究費奨励研究課題番号11710268
2. Old English Constructions with Multiple Predicates 単著 平成12年度 科学研究費研究成果公開促進費
3. 古英語における等位節の位置付けについて 単著 平成13年度~14年度 科学研究費奨励研究 (若手研究) 課題番号13710284
4. 行間注解の分析を通した古英語基底語順の解明 単著 平成15年度〜18年度 科学研究費基盤研究(B2) 課題番号15320060
5. 中英語後期から近代英語にかけての言語的性質の変容に関する研究 共同 平成18年度〜 科学研究費基盤研究(B) 課題番号18320076

2016/09/11